風林火山の由来

 風林火山は、甲斐(山梨県)の戦国大名・武田信

の旗指物(軍旗)に記された「 疾(はや)きこと風の如く、其の徐

ずかなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動か

ざること山の如し」の通称です。江戸時代以降の軍記物などで武田軍

をイメージするものとして盛んに取り上げられ、現在でも多くの人が

「武田軍」イコール「風林火山」として認識してい

ます。

武田信玄は甲斐の守護を代々務めた甲斐源氏武田家の嫡男として生ま

れ、隣国の信濃に侵攻、上杉謙信と川中島の戦いを行ないつつ勢力を

広げて信濃をほぼ平定。甲斐、信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美

濃の一部を領するが、上洛の途上、三河で病を発し信濃で病没した。

越後の上杉謙信と5度にわたって対戦した川中島の戦いでをはとくに

有名です。


| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。